目の疲れを取るための効果的な食事について

目の疲れ 画像

疲労や乾燥といったように、目にダメージがあると
思ったらマッサージしたり温めたりしてケアする方が
たくさんいますが、食生活で疲労解消することも
出来るということを知ってますか?

 

疲れ目に効く成分や食材をご紹介しますので、普段から
意識して摂取するようにしましょう。

 

 

目の疲労やドライアイに効果的な成分と食材

 

アントシアニン

ポリフェノールの一種で紫色色素を持ち、目をガードするサプリに
使われていることが多く、眼精疲労を回復させ、目を健やかにする
効き目がある栄養素としてとても有名です。

 

目がしょぼしょぼする、ぼやける、疲労、などを回復したり、
夜間の視力アップという効き目もあります。

 

【たくさん含まれている食材】
ブルーベリー(ビルベリー)、黒豆、カシス、ぶどう、紅いも、
紫玉ねぎ、紫キャベツ、しそ、なす

 

ビタミンA

動物性食品に入っているビタミンの1つです。
目の中の粘膜を保護し、涙生成を助ける働きがあるのですが、
皮膚や粘膜の健康に効果的に作用する成分です。
目の乾燥や乾燥によるトラブルを抑えてくれます。

 

【たくさん含まれている食材】
豚・鶏レバー、あんこうの肝、うなぎ、かぼちゃ、にんじん、
しそ、モロヘイヤ、焼のり

 

ビタミンB群

目の粘膜を保護したり正常にし、水晶体を保護し、視神経を正常にし、
目の周辺の筋肉をほぐしてくれます。
ビタミンBは種類も複数ありますが、それらの相乗効果により、
作用をアップします。

 

【たくさん含まれている食材】
B1…豚肉、レバー、玄米、にんにく、うなぎ、卵、ピーナッツ
B2…豚・牛レバー、アーモンド、納豆、きのこ
B6…さんま、まぐろ、レバー、にんにく、バナナ、ピスタチオ
B12…さんま、かつお、貝類、レバー、もやし、チーズ、納豆

 

クロセチン

とても貴重な成分で眼精疲労効果に大注目されています。
黄色色素成分でサフランやクチナシから採っており、
抗酸化力も強力です。
目の疲労から起きる肩こりも治してくれます。

 

【たくさん含まれている食材】
きんとん、サフランライス、たくあん
※なかなか食事から摂るのは難しい成分のため、
サプリで摂取すると良いでしょう。

 

 

眼病予防に効果的な成分と食材

 

アントシアニン

眼精疲労を回復させる効果とともに、白内障や緑内障などの
眼病予防にもとても効果があります。

 

【たくさん含まれている食材】
ブルーベリー(ビルベリー)、黒豆、カシス、ぶどう、紅いも、
紫玉ねぎ、紫キャベツ、しそ、なす

 

ルテイン

緑黄色野菜にたくさん入っているカロテノイドの1つです。
紫外線やブルーライトの刺激から目の綱膜や水晶体をガードします。
白内障予防に効果的です。

 

【たくさん含まれている食材】
ケール、ほうれんそう、かぼちゃ、ブロッコリー、卵黄

 

β−カロチン

とても強い抗酸化作用があるカロテノイドの1つです。
視力を維持したり、目の粘膜をガードし、夜盲症を防ぎ、
治す効果もあります。

 

【たくさん含まれている食材】
かぼちゃ、にんじん、にら、ブロッコリー、すいか、みかん

 


 

食事だけで摂取出来ない成分や、ストレスや加齢によって
消費されてしまう成分もありますので、サプリで補給することを
毎日の健康管理の1つとして日課にすると良いですよ。

 

関連ページ

目の疲れや眼精疲労に効果的!簡単ツボマッサージ
目の疲れや眼精疲労に効果バツグンの、お手軽ツボマッサージについてご紹介しています。
目の疲労予防&解消!おすすめグッズ!
目の疲れを取るおすすめのグッズをご紹介しています。
そのままにしても治らない!目の疲れを取る方法は?
目の疲れを取る方法にはどんなものがあるのでしょうか?手軽にできる方法など色々とご紹介しています。